新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
令和2年、2020年がスタートしました。

HOUSE BLENDはおかげさまで創業13年目を迎えます。
個人事業ではありますが、Web、デザイン、写真、映像、アニメーションなど、企画から制作までを担当させていただいております。

この12年を振り返るとあっという間でしたが、当初は巣鴨の自宅兼事務所でスタートしました。Webに強いアニメーターとして、当時主流だったFLASHをメインに活動していましたが、FLASHがWebで廃れるにつれてWebデザイナーへとシフトしていきました。映像制作はオリジナル制作をしながら、キー局のCMアニメーションや5DMark2を使った実写制作など、クライアントワークの仕事を徐々にいただけるようになりました。

そして昨年のWeb案件では、アートディレクションとデザインを担当し、イラストとアニメーション、インタラクションによるコーポレートサイトを制作しました。間もなくローンチ予定ですが、CanvasとWebGLを使ったHTML5によるコンテンツです。まさにFLASHのようなコンテンツですがiPadでも動きます。

FLASHの延長ではじめたモーショングラフィックスでは、Aftereffectsと今ではAnimate CCとなったFLASHと連携し、企業CMやブランド映像の制作も担当できるようになりました。

実写ではデジタルシネマカメラが一般的になり、RAWデータが主流になり、ネイティブ編集も普通になりつつあり、グレーディングも当たり前になりました。企画から撮影、完パケまでをワンオペや協業で行っています。

こうして12年を振り返ると干支と同じで1周したようです。
今まで1人でやってきたので、次の12年は個人から組織へシフトしていきたいです。

今年は新たなサービスとして、中小企業様・個人事業主様向けのホームページ制作とオリジナルのCMSを使ったサイト保守・運用サービスを春にローンチする予定です。

また映像制作では、Cinema 4Dを積極的に活用したモーショングラフィックス、サウンド面ではフリー音源ではなく作曲をベースに、斬新でひと味違った映像を制作していきます。こちらも新しくサービスサイトを準備する予定です。今年は5G元年ということもあり、映像コンテンツがより一層増えてきますが、他ではマネのできない映像を作っていきたいです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

杉山順哉