中目の続きそして目黒

いきなり違う事を書くがWordPress 3.8.1になって、編集画面のインターフェイスが益々スタイリッシュになってきた。スゲーな。

前の投稿で書いた古本屋のdessinなど、中目といえばオシャレゾーンでそれもまぁいいけど、個人的にはその土地の持つ歴史や味のある雰囲気が魅力で、そんな下町っぽさの残るディープな店もちらほらある。

ここ「おおだる」は仕事仲間が教えてくれた大衆酒場。ジンギスカン定食が安くて滅茶苦茶旨い!この写真見ただけでまた行きたくなってきたw ジンギスカンはヘルシーだし女子にもお勧め。
01
02
目黒といえば結婚する前まで武蔵小山に住んでいたのでなじみ深い土地だが、山手通りの交差点を越えて家具屋の多い目黒通りを直進すると、BOHEMIANSという服屋がある。
03
自分はまだ買ったことないがうちの奥さんが昔セレクトショップの店でシャツを買ってて、そっから注目し出したメーカー。実際定価で買うとなるとお高いので買わないが、セールを狙っていつか斬新なデザインの服を買いたい。
オンラインショップもあるけど、直営店は写真にある店のみ。実際着てみるとかなり印象が変わりそうなので、特にこういうエッジのきいた服を買うなら、試着した方がよさそう。

服はやはりセールに限る\(^O^)/

中目黒立ち寄り

先日目黒方面にでたので、中目にある古書店dessinによった。こぢんまりとした店内には良書が沢山ありテンションが上がる。

01
絵本や写真集、音楽系の本などある店内に、ちょっと意外だったのが山系の古本があったこと。話はずれるが先日NHK-BSでやってた「アメリカ自然保護の父 ジョン・ミューアの道を行く」は凄くよかった。加藤 則芳さんの本はまだ読んだことはないので、今度図書館で借りてみよう。

ポールランドのオリジナルの絵本があったり、ヒッチコックのタイトルバックでも有名なソールバスの絵本「アンリくん、パリへ行く」のオリジナルがあったり、まぁ価格は数万はするんだけど、やはり日本語に翻訳されているデザインにくらべると断然オリジナルの方が格好いいし、しっくりくる。

そんな中でブルーノ・ムナーリの絵本が積んであって初めて手にとってじっくりみた。

下の写真は、自宅にある世界のグラフィックデザイナーの絵本を紹介した本なのだが、その中から今回自分が手に取ったムナーリの絵本を紹介。
02 「きりのなかのサーカス」
とにかく美しい。繊細な絵本だけどこれは子供にも絶対伝わる作りになっていると思う。素敵すぎる。やはり日本語訳のフォントがどうしても気になってしまう。谷川さんは素敵なんだけど…

03 「闇の夜に」
これは黒と青がめちゃくちゃ綺麗。この青が素敵でそれだけで感動した。アマゾンで日本語訳は買えるが、みれば分かるけど日本語が邪魔でデザインを崩してる。勿体ない…

04 「トックトック―これだれかな?ドアをあけてごらん」
アイデアが凄くて配色がスゲーんです。どの色が来てもバランスがよくてイラストの構成が超凄くてこれぞデザインという絵本。

とまぁこの他にも素晴らしい本が手に取ってみられる。ムナーリ以外にも良書がいっぱいあるので、興味がある方は是非。



HPリニューアルに向けて

2014年の大きな仕事の1つは、HOUSE BLENDホームページのリニューアルを行うこと。
年末から今後の展開に向けて動き始め、年始からも早速、昔から長くお付き合いさせていただいている会社さんの協力を得て、実装、そして今後の展開に向けて色々と相談にのっていただいているところ。

今回のリニューアルは今までとは違う新たな挑戦だ。かなり長い時間自分と向き合った。
自分はモノ作りの人間だ。それをもっと発展させるためにやれることは何でもやる。もちろんベースに沿った形で。

全然話が変わるが(自分の中では繋がってるんだけど…)朽ち果てるもの、残らないものに本当の魅力を感じる。これは大好きな写真家、星野道夫さんのアラスカにある朽ち果てるトーテムポールの話、星野さんについては過去にちょろっと書いてたか。アラスカへのあこがれ

クリンギット族とハイダ族のインディアンがなぜ、後世まで残る石の文化でなく、歳月の中で消えていく木の文化を選んだのか。
01
バンクーバーオリンピックの大会公式エンブレムにもなったイヌクシュク。イヌクシュクも石ではあるけど、接着せずに積み上げただけのもの。いつ崩れてなくなっても自然に帰るだけ。

角野栄子さんの原作『魔女の宅急便』の魔法の力、薬草のことにも通じる。
02
目に見えなく働く力、本来人間の持っている大切な力。それは日々季節を感じ、自然の中で感じとるごく自然なこと。
日本語って凄いなぁと思うんだけど、自然、まさに自然の中に真実はある。

結局何が言いたいのかというと、前のアラスカへのあこがれのブログの内容と同じ。自分は矛盾の中で生きている。でもそれと向き合って戦っていきたいと思うこと。本質は昔から全くぶれない。もう一生ぶれることはない。

今日はコーディングをベースを組み始めた。2、3日前からhtmlの現状を調べ始め、descriptionにkeyword、facebookのメタタグ入れ込みその他諸々、アナリティクスも見ながら今後の傾向と展開も視野に入れつつ埋め込んでいく。溢れる情報の渦の中で見つけてもらうために。まったくこの逆行した行為はなんじゃこりゃ!?

こんなことも自分でやっててなんか笑える。

それにしてもieは相変わらずクソだ。みんなクソクソ言いまくってるw

公開は春を予定。