白痴

風立ちぬとモンスターズユニバーシティをみて以来、映画を観た。
タルコフスキーのノスタルジアの気分だったが、直ぐ見当たらなかったので、
まだ1、2度しか観ていなかった黒澤明監督の『白痴』にした。

原作はドストエフスキーで、当初4時間25分の長尺に仕上がったが、松竹側は興業上の理由から大幅にカットを要求。
さらに3時間に再編集したものをさらに短縮を命じられ、「そんなに切りたければフィルムを縦に切れ!」と憤慨。3時間版は3日間だけ上映されて、一般には2時間46分版。
4時間25分版を観てみたい。もう残ってないのだろうか…

白痴は1951年に公開され、その前は『羅生門』、白痴の次の作品は静の名作といわれる『生きる』。
監督が当時41才という時期に、作家の中で一番好きといっているドストエフスキーの原作を制作したのが、とても大きな意味があったに違いない。
01
観るとやはり凄い。
構図が綺麗で絵画そのまま。マジで1カット切り取っても絵になる。
そこに人物の会話や心理描写が入るんだけど、演者の雰囲気が凄まじい。
三船敏郎さん、森雅之さん、久我美子さん、そして原節子さん。
早坂さんの音楽がかぶってくる。
どの場面だか忘れたけど、一瞬、あれ、、どこかで聞いたことのあるクラシック曲が流れる…
羅生門のボレロを彷彿とさせるような…

映画は原作をかなり忠実に表現しています。

数年ぶりに見直したけど、また深く心に残る作品になった。

John Frusciante performs a cover of The Chantels “Maybe”

自分の中では伝説のスレインキャッスルコンサート。
このこのはまだジョン・フルシアンテもいて、一番いい時だったように思う。

このライブ盤はよく聞くんだけど、Youtube で1080HD版があったので、
音質もかなりよく、ライブ会場にいるような雰囲気にさせてくれるので是非。


そしてこちらはシャンテルズのオリジナル曲


こちらの記事にシャンテルズについて書かれてます。
http://soulfreak.blog.so-net.ne.jp/2009-12-01

軽井沢合宿

毎年恒例になった軽井沢合宿。
今年はカトリ家の皆さんと楽しんできました。
この時期道路はかなり混むのですが、今回は教訓をいかし佐久ICで降りスムーズな旅路。
最初の目的地である丸山珈琲の小諸店に到着。本店、ハルニレテラス店はいったことあったけど、小諸店は初めて。01 とても素敵な空間でした。豆はいつもの影響か百塔珈琲で最近アイスで飲んでいるコロンビアを購入。味もたまたまか、非常に似てました。

03 カトリさんと昼食@近所のお店。結構有名らしい。

02 木立が気持ちいい。

05 徹底して地ビールを買いまくった。軽井沢のスーパーははっきり言って高い… ので、いつも買いに行くお気に入りのスーパーTSURUYA。ここ最高。超安いです。海外のチーズ、都内では馬鹿高いですが、半額以下の値段で買える。

04ジョンの通ったパン屋。

06 駅前にあるアウトレット。

07 今回一番の買い物はこちら。

愛…しりそめし頃に…

仕事が忙しくなると『まんが道』をいつも思い出す。
Z旗を掲げ深夜に満賀道雄と才野茂がカリカリ、トキワ荘で漫画を描き続けるシーン。

そして自分が今までで一番忙しかったと言える1ヶ月間の徹夜アニメ作業。
さすがに納品後はみんなガタが来て、カラダがおかしなことになったがそれでも楽しく仕事していた思い出。

徹夜明け、始発で久々家に帰り、ドアの前で鍵が見当たらない。
目黒にあった会社に家の鍵を忘れ、当時、町田の鶴川に住んでいたオレは、結局その日も鶴川のファミレスで徹夜。。。
早朝代々木に住んでた安藤さんの家に行ったが、安藤さんも徹夜あけで全く起きてくれないし、
その後森田さんの家に行ったが中々起きてくれなくて、やっと会社の鍵をもらってまた会社で泊まったという…
あぁーまんが道。アニメ道。

仕事で講談社に行ったときは、本当に嬉しかった。
いまサクッと当時の写真が見つからないけど、旧本館の部屋で漫画と同じカットで写真を撮らせてもらったw
当時のマンマで歴史の重みを感じたのを思い出す。

子供のころから藤子不二雄で育ったといっても過言でないくらい、
ドラえもん、パーマン、おばQ、怪物くん、などなど、A先生とF先生の作品は今までずっと近くにあった存在。
豊島区に住んでからはとても身近な!? 漫画で得た知識しかしらないけど、当時の先生方を思い浮かべながら、
あ〜いいなぁ時代だなぁと想像して作ることへの喜びを共有するみたいな、そんな想いに浸ったりする。

先日、A先生が『愛…しりそめし頃に…』を描き終えたという記事を読んだ。
http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_9784091853387

IMG_1617 自分は6巻まで買ってその後はまとめて読みたくなり、全巻出るまで待とうと心に決めていた。

そしてついに(涙)
A先生、ありがとうございます!!

カテゴリー: