BOEL Inc.

今日で8月も終わり。最近も忙しい日々が続いていますが、仕事が立て込むとどうしてもブログの更新が滞ってしまうので、なるべく合間に書いていければと思う。

今回は仕事仲間のご紹介。
先日Facebookの方でもチラッと紹介しましたが、デザイン会社のボエルさん。
http://boel.jp/

ボエルさんとは主にWEB関連の仕事をやることが多く、長くお付き合いさせてもらってます。
社長の田澤さんは写真家でもあり、実績にも掲載されてる写真はすべて田澤さんが撮影されているものです。
スタッフにNさんというデザイナー、いやもうアートディレクターですね、の女性がいますが、デザイン力も素晴らしく実に優秀。それとなんと言っても人柄がいいです。

田澤さんにはコマ撮りをやるときにレンズや撮影機材を貸してもらってます。
IMG_3049 この赤玉レンズ群! ボディは5Dmark2です。

IMG_3050 ガッチリとした三脚。こんなけおもければズレないし、重しを吊せばさらにバッチリ固定。

自分も機材は少しずつ揃えていきたい。いや、しっかり稼いでドカンと揃える。最近のDragonFrame関連の機材がえらいことになってます。比較的小規模でも購入できそうな金額で、ある程度のモーションコントロールを実現。http://ditogear.com/

まずは機材より何をつくるかなんだけど、知っておくことはとても重要。今コマ撮りの技術面は劇的に進化している。小規模でもバリバリ作れる。そして回していくための土壌作り。

ちょっと話がずれちゃいましたが、ボエルさん、紙関連も強いです。雑誌の装丁やデザインなども行ってます。
堅実な仕事っぷりがあってこそですが、やっぱり色々できると強いですね。

アニメ制作と音楽の日々

現在TVアニメ制作中。時期が来たらしっかり告知しようと思うが、昨年同様夏からバーと続くアニメ制作がなんとも楽しい。制作は勿論大変なんだけど。

制作の友は音楽と珈琲。珈琲はこのところ飲みすぎに注意してる。

最近InterFMのBarakan Morningに目覚め、ピーターバラカンの紹介する曲が素敵でちょっとした名曲発見の楽しみになっている。

新しい曲を探したいときは、NPRやKCRWなどアメリカの放送を聞くことが多く、英語の勉強にもなっている。最近かなり聞いたのが、Dale Earnhardt Jr. Jr.。エレクトロニカ系Popバンドで可愛らしいサウンド。日本の8bit pluginも使っているらしく、確かに合う気がする。

雨の日はvelvet undergroundをよく聞く。

nicoのI’ll Be Your Mirrorも歌詞覚えたい。ルーリードの声は哀愁漂う。

そしてキレキレダンスが観たくなるとマイケル。マイケルはいつ聞いても最高。テンション上がるわ〜

The Way You Make Me Feel


話は変わるがPro Tools 11が発売された。DAWのソフトは全くもってないし使ったことはないんだけど、興味があるのと仕事でも使えそうなので買おっかなぁって思ってる。Logicも最近新しくなったしメチャクチャ安いけど、音効作業向きではないのでしょうがない。音楽も楽しいな〜

レオ・レオニー展

先日、Bunkamuraで行われたレオ・レオニー展に行ってきた。
スイミーとかで有名な絵本作家。

レオ・レオニーはもともとグラフィックデザイナーで、今回の展示では絵本作家としての回顧展だった。
以前のブログでも書いたが絵本作家であり、グラフィックデザイナーである作家さんはとても魅力的。
やはり構成が実にきめ細やかで色彩感覚が絶妙。いっけんすると描けそうな絵も、レイアウトや色彩のバランスが計算し尽くされている。
レオ・レオニーの特徴として、質感へのこだわりが多彩で表現に適した材質を用いて構成しているという点で、何とも言えない暖かさも表現されている気がする。デザイナーは特に客観的な視点が研ぎ澄まされている。

ポール・ランドが言うように、デザインは関係性であり単に装飾ではないということ。
アートとデザインの違いはコミュニケーションの視点が個人かグローバルかという絶対的な視点の違いがあると思う。
誰もが共感できるモノ作りは関係性が重要。

その視点でレオ・レオニーの作品をみると、やっぱりグラフィックデザイナーなんだなぁって思えた。
IMG_3226