事務所移転のお知らせと最新実績(3案件)

夏からあっという間に11月になってしまいました。
10月に入り事務所を中央区の茅場町に移転いたしました!

〒104-0033 東京都中央区新川1-3-23 優和八重洲ビル3B


電話番号はナンバーポータビリティが使えず変更手続き中です。
もう少々お待ちください。

茅場町は日本橋も近くオフィス街で、飲食店や居酒屋も多くて活気にあふれて楽しい街です。
うちの入っている事務所のビルは、川沿いにあり日当たりもよくて海も近いこともあり、毎日カモメが電灯にとまりにきます。
かなり呑気。ビル自体古いですが、インテリアショップや同業のデザイン系の会社さんも入っていて刺激をもらえそう。
移転は10月頭に行いましたが夏から借りてまして、この事務所で早速CM制作とホームページ制作を行いました。
クライアント様にも大変気に入っていただき、今後も気合いを入れてドンドン良い製作ができればと思っております。

works
ということで、最新実績の3件を公開しました。
http://houseblend.jp/

今後ともHOUSE BLENDをどうぞよろしくお願いいたします。

『GAMBA ガンバと仲間たち』本日10月10日(土)より全国ロードショー!

株式会社白組による映画『GAMBA ガンバと仲間たち』がついに本日より公開がスタートしました。
映画「GAMBA ガンバと仲間たち」公式サイト

本日の公開に伴い、夏の間全国各地で白組スタッフによる「ねんどでつくるクレイアニメーション」のワークショップを開催し、僕は国立新美術館、文京シビックセンター、札幌マンガ・アニメ学院、エコキッズ丸の内、リバーウォーク北九州、アクロス福岡の計6会場で講師として参加させていただきました。
コマ撮りのワークショップを全国各地で行うことなどまずないので、恐らく日本で初めての企画でしょうし、素晴らしい企画に参加させていただき本当に良い経験ができました。ありがとうございました。

そして映画冒頭でクレイアニメーションワークショップの優秀作品が上映されます!自分が教えた子の作品が果たして選ばれているかどうか!?

002
001

『GAMBA ガンバと仲間たち』全国各地でコマ撮りワークショップ開催

『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』などの映画制作で知られる、
株式会社白組の最新作の映画『GAMBA ガンバと仲間たち』が10月10日(土)に公開されるのを記念して、
7/17日〜8月末まで全国各地でコマ撮りワークショップ開催していきます。
http://www.gamba-movie.com/news/

ワークショップで作ったアニメーションは、後日Youtubeで公開され、さらに優秀な作品は『GAMBA ガンバと仲間たち』本編と一緒に、映画館の大スクリーンで上映されます。
002

001

今回白組スタッフのコマ撮り講師として参加させていただいております。
まだ始まったばかりですのでお近くの会場と日時をご確認の上、お子さんと一緒に是非参加していただけると嬉しいです!

白組さんとのワークショップのお仕事は、僕も毎年超絶楽しみにしているのですが、子供たちとのふれあいやコマ撮りの楽しさを伝えることの喜び、そして実際に白組でコマ撮りアニメーションのお仕事をしている方や、職人の方々の濃厚な制作話、スタッフの方のお話など、クリエイティブが凝縮しているこの環境がなんとも言えない貴重な時間になっています。

映像表現の様々な手法を取り入れ、洗練された白組スタッフの方々の作られた作品を、何らかの形でご覧いただけると同じ表現者としても嬉しく思います。

ちょっと話がずれちゃいましたが、ワークショップよろしくお願いします!

スタジオでのコマ撮り撮影

先日、現在制作中の案件でスタジオでのコマ撮り撮影を行った。
まだ制作中なので詳細は後日記載する予定だが、今回の撮影は人物によるコマ撮りを撮影。


スタジオでのコマ撮り撮影は、特に時間との闘いと体力と集中力勝負になる。
そのため準備は入念に行い、当日の香盤表からライティングの配置図、機材リストなどなどあらかじめ押さえておく必要がある。
スケジュールが詰め詰めな分、大抵時間が押してしまうのだが…

NGの取り直しをする場合はコマ単位になるので、そのコマがNGと判断した場合はすぐに取り直し、その後ある程度撮影したところでプレビューを行い、NGコマが見つかった場合は該当のコマを再び取り直すといった流れになる。

ライティングやセットなどが変わらない場合は、二人一組で行うのが効率がいい。
一人がアニメート担当で、もう一人がタイムシート読み上げと撮影確認。

今回の撮影は2日間行いしかも1カットだったので、1日目の撮影が終わった際、照明やカメラはそのままの状態で2日目も同じ環境で撮影を行った。
幸い2日目のライトのちらつきは、特に影響するほどのものでもなく問題なく行えた。

現在は編集作業中で間もなく完成。

今回の映像はかなり面白い画になっていると思うので、クライアントさんの反応も楽しみだし、プロモーションによる反響も楽しみだ。

Flashは凄い。Dragonframeは凄い。

CreateJSに絡めて何度かFlashについて投稿したが、現在制作中のコマ撮りアニメーション案件で、Flashを活用したコマ撮り制作を行っている。
コマ撮りとFlashとの連携では、昨年制作したTBS CatChatの赤ちゃん向けアニメAnimal Talkでも使用したが、今回はまた少し違った制作方法でFlashを活用している。

具体的な制作方法としては、2DアニメーションをFlashで制作し、それを印刷データに連番で書き出してコマ撮りをするという流れになるのだが、その連係でPhotoshopを挟んだりAEを挟んだりと色々やるにしても、制作したムービーをDragonframeに読み込み、それを確認しながら撮影していくという、短期制作には素晴らしく便利で、制作費も押さえた形でミスの少ないフローを実行することができる。

案件に応じて七変化するFlashと、コマ撮り制作なら万能なDragonframeは、HOUSE BLENDの制作においてはなくてはならない存在。
因みに今回の制作で、Flash CS5では印刷サイズが大きかったせいか300dpiで出力できなかったが、CCにしたら出力できていて、しっかりとバージョンアップしているのが嬉しかった。

最近こうした面白い制作をすることが増えていて、企業様のクリエイティブ意識が高くなっているのをヒシヒシと感じている。

我々制作サイドもそれにしっかりとおこたえし、強みやノウハウを活かし新しいアイデアを提供しつづけていかなければいけない。