実績掲載

少し日が開いてしまいましたが実績掲載します。
今回はアニメーションです。

本来ブログではなくHPに載せるべきことなんですが、リニューアル準備中ということでこちらに掲載します。
射出成形と切削加工サービスを提供している、プロトラブズ様の商品紹介のアニメーションを担当しました。
今回、企画構成、キャラデザ、画面構成はDONGURIさんが担当し、こちらはアニメーションとサウンドデザインを担当しました。
最終フォーマットは展示会でのプロモーション映像、WEB、モバイルなど様々な用途に対応させていただきました。


クライアント:プロトラブズ
エイジェンシー:DONGURI
アニメーション:HOUSE BLEND

アニメーションはFLASHとAEで制作、サウンドデザインはフリー音源を使用しました。一部のSEは自作。
youtubeの映像では圧縮されて分かりづらいかもしれませんが、全体にキャラクターの暖かみを出すため、紙っぽいテクスチャーを掛けてます。

PAPERBOY -Paper Stop Motion- 紙のキャラクターによるストップモーション

制作期間8ヶ月。Dragon Stop Motionを駆使して制作した、オリジナル短編アニメーション『PAPERBOY』が完成しました。


今後このブログを使って、PAPERBOYの制作過程を中心に作り方を解説していこうと思います。

因みに今回の制作環境は以下の通りです。

◆マシン
imac 2007mid 2.4GHz メモリ4G ハードディスク1TB

◆ペンタブ
Intuos4 Large PTK-840/K0
http://kakaku.com/item/K0000027626/

◆カメラ
Canon EOS 40D(中古)

◆レンズ2本使用(借り物)
・EF17-40mm F4L USM(ズームレンズ 広角)メインで使用
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/wide-zoom/ef17-40-f4l/index.html
・EF50mm F2.5コンパクトマクロ(マクロレンズ)ヨリの画で使用
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/macro/ef50-f25/index.html

◆三脚(借り物)
型番メモり忘れましたが、ずれると大変なので兎に角重い三脚がいいです。
ビデオカメラ用の安価なものでも重ければOKだと思います。

◆照明(借り物)
mono300Eを2灯
http://propetonline.open365.jp/Products.22.aspx
はっきり言って照明はかなり難しいです。自分も勉強中です。ストロボは使いません。
今回最初にアクションシーンを取りましたが、そちらでは照明を使用してます。
ファーストシーンでは照明を使わず、Dragon Stop Motoinのレンズ設定調整して綺麗に撮影できました。

◆主な使用ソフト
Dragon Stop Motion
After Effects CS5
PhotoShop CS5
Flash CS5
Premiere Pro CS5
Sound Booth CS5

◆プリンタ
Canon MP600
http://cweb.canon.jp/cgi-bin/pixus/supply/product.cgi?pr=pixusmp600

AfterEffectsでPhotoshopぽいマスク

1,マスクしたい画像の上に平面を作る
2,その平面をパスでマスクする(平面は表示しない レイヤーの目のアイコンを消す)
3,マスクしたい画像のレイヤーを選択
4,メニューのレイヤーorタイムラインパネルのトラックマットからアルファマットを選びさっき作った平面を選択
5,あとは平面に作ったマスクの設定を色々いじればよい