藤城清治 自宅スタジオ展2

唐突にカルピスが置いてあり、なんかゆるーい感じがいいです。

よく見るとカルピスの少女。なるほどそれで置いてあったのかw

こたつの色彩ほんときれい

ロゴが素敵です




上の絵を描く前にイメージを固めるためにつくられた立体。影絵はシンプルな構造ですが藤城さんの影絵にはしっかり奥行きもついていて、こうして細部までしっかり検討して作られていることは凄く勉強になります。


自分はケロヨンのことを全然知りませんが、グッと惹かれるものを感じます。

今回自宅スタジオ展にいって藤城さんの影絵の印象がかなり変わりました。
自分のみかたではオシャレや綺麗という印象というより、動物好きでそれが作品に素直に表現されていて、味わい深く、力強くてやさしいメルヘンな世界観。
個性溢れるキャラクターがイキイキと絵の中で生きている印象を受けました。

自分は今月からキャラデザインの仕事に取りかかりますが、藤城さんのような味のあるキャラを作れるよう精一杯頑張ります。

藤城清治 自宅スタジオ展1

藤城清治さんの自宅スタジオ展に妻が是非行きたいということで、スタジオを作りたいと思っている自分も何かの参考になるのではと思い一緒についていきました。

それまで藤城さんの影絵は何度か美術館などで展示されている作品を見たことがありましたが、藤城さんの名前を知っていたわけでもなく、おしゃれで綺麗だなーという印象しか残ってませんでしたが、実際にスタジオ展に行ってびっくり!ものすごく味がある素晴らしい作家さんでした。



これはホントびびった。最初置物かと思ったら本物でした。自宅は動物園。

いいかんじです。


200匹近くいる猫の絵のワンカット。猫のポーズといい表情も凄くかわいい。猫ちゃん色んなところに登場します。

カラダ

先々週、歯茎の炎症から服用した抗生物質か痛み止めのせいで、肝機能障害になってしまい今年最大のカラダの不調に見舞われ、一週間ろくに動けず寝込んでしまうという自体に陥ってしまいました。

今週になり徐々に復活してやっと普段と変わらぬ生活ができるようになり、健康のありがたみを感じる今日この頃ですが、本日知り合いの川瀬さんがダンサーの森山開次さんのダンスパフォーマンスの音楽を担当するということで見に行ってきました。


イベントが行われた竹中工務店本社1Fのスペースの置かれていたオブジェ。



ダンスのテーマはカラダ。ホネから始まり臓器までをユニークな動きと音楽で表現。
川瀬さんの太く渋い声が会場に響き渡ると何ともいえない良い感じになり、森山さんが怪しげに登場したときには川瀬さんの音楽と声に子供が「怖い〜〜」声を出し、会場からちゃんと笑いも取っていてライブならではの緊張感と演出がとても面白かったです。

カラダは大事にしなけりゃなと思わされた、
そんな休日のひととき。