キャメラマン一代

キャメラマンの宮川一夫さんを知っている人は、殆どいないかもしれないが、黒澤明監督の名前を出せば分かると思います。



黒澤監督関連書籍になる。
監督の自伝「蝦蟇の油」から始まり、幼なじみの脚本家 植草圭之助さんの『わが青春の黒沢明』、脚本家 橋本忍さんの『複眼の映像』、衣装デザイナー黒澤和子さんの黒澤明「生きる」言葉、スクリプター 野上照代さんの「天気待ち」など幾つか読んできたが、今度はカメラマン視点で。

先日、『羅生門』をアマゾンビデオでみたが、DVDに比べるとすごく綺麗になっていて驚いた。カットの美しいこと素晴らしいこと。何度みても感動する。
宮川さんに関してはずっと気になっていた存在だったが、このところ撮影の仕事が増え、一流のカメラマンはどう仕事に向き合っているのか、良いカメラマンには何が必要なのかなどを押さえておきたかった。

宮川さんの関わった歴代監督を並べると、日本を代表する錚々たる顔ぶれ。

稲垣浩監督
黒澤明監督
溝口健二監督
小津安二郎監督
市川崑監督
篠田正浩監督

監督とカメラマンは「夫婦」によく例えられるそうだ。
濃すぎる旦那ばかりである。

当時のカメラは当然フィルム。ズームレンズも大分先。
宮川さんは会社の方針で「現像部(ラボ)」に3年いたそうです。
ラボではネガの調子やプリントのタイミングなどのノウハウを勉強でき、
カメラマンの多くが失敗した露出の問題も、カメラマンになった宮川さんは失敗は殆ど無かったと書いてあります。
当時は露出計もないのでカンが頼りで、露出計を買えたのは終戦後の羅生門の時。
私の場合、大きな失敗をしなかったのは、すべてカンに頼るのではなく、撮影条件の一番悪いところをテストで撮って、そのテスト・ピースを翌朝、一番電車でラボへ持っていって、自分で所定の液で現像し、そのテストを見て、本番の現像条件を判断したからです。・・・

撮影部に移って助手として8年。
機材や器具の整備はもちろん、4、5年するとピントマンになる。
カメラの横でカメラのピントを合わせる。
そのカットのテーマになるものにピントを合わせ、動きを付けてピントを合わせていく。ピントを送るのにもリズムがあり、これで私は芝居を知った。

宮川さんはピントマンを8年やったそうです。

昔は若い人を育てる気風があった。
今では直ぐ実践で使われ、良い感覚を持った人でも消耗品的に扱われる。
これでは良い技術者は育たず、最近では撮影所も「創造の場」でなくなり、「ビジネスの場」とかしつつあります。


映画に限らずクリエイティブの現場は然り。
これは1985年に出版された本ですが、当時からずっと言われ続けていることが悲しい。

1950年「羅生門」 黒澤明監督
1953年「雨月物語」溝口健二監督

この2つの映像の違いをみれば、宮川カメラマンの凄さが一目瞭然。
本にも詳しく書いてあります。

「羅生門」はコントラストがとても強い。
「雨月物語」は靄がたった浮遊感のあるグレーの画調。

「雨月物語」では7割近くクレーンに乗って撮影。
クレーンで不安定感を出すため。
面白いです。

アンドレイ・タルコフスキーが映画を撮る前に必ず「七人の侍」と「雨月物語」を見るというのをどこかで読んだことがあります。1つのことを掘り下げていくと、多くのことが繋がっていくのが面白い。因みに音楽は羅生門も担当した早坂文雄さん。

まとまりのない本の紹介になってしまったが、宮川さんは果てしなく研究熱心で、常に新しことをに挑戦し続けた人。カメラマンはカメラのことだけではなく、ロケーションやセットのこと、照明、現像、芝居のこと。そして監督のこと。そしてこう言っています。

映画は監督のもので絶対の決定権は監督。その上で、この監督なら、こういう風に撮るだろうという見極めがつけられないようなカメラマンではダメ。

最後に宮川さんの一言。

フィルムに「絵」を、「画調」に詩を、キャメラワークに「リズム(音楽)」を

新規実績のご案内

◇株式会社ヒューマンサポート
東京都足立区に拠点を置く、株式会社ヒューマンサポート様のコーポレートサイト制作を担当しました。
http://houseblend.jp/works/detail/web005.html



◇ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社
BOEL Inc.と共同でロボティック・バイオロジー・インスティテュートのVP制作を担当しました。
http://houseblend.jp/works/detail/movie003.html








WEBにおける映像制作

更新が滞ってしまった。
このところ映像案件、特に実写案件が増えているので一言書きたいと思った。

最近、WEBのキービジュアルに映像を追加するサイトが増えて来ているが、
よくみると、映像品質が低いモノが多い気がする。
詰めの甘いWEB映像をみるたびに、残念な気持ちになる。

大抵のWEB制作会社は外部の映像クリエーターに外注するか、
最近多いのは、スチールのカメラマンが一眼レフで動画も撮影するパターン。
ここで問題なのは、WEB制作会社が映像制作を知らないことが多い。
映像を作ったこともない人間が映像を作るということ。もしくは管理するということ。
WEBに於いて映像制作を謳うのであれば、外注では無く自社で全てを一通り作ったことが無ければ駄目だと思う。
なぜなら映像制作の過程は、WEB同様にとても複雑でやることが多い。

企画→ロケハン→撮影→編集→サウンド→コンポジット→納品

外注する場合も、これら一つ一つの専門技術に対して、
外注先の映像クリエーターやスチールのカメラマンが、企業の意図した高品質な映像を作れるのかどうかということだ。
ここでポイントなのが撮影と編集とサウンドの工程。

撮影はカメラマンが行う。
編集はディレクターか編集マン。
サウンドはサウンドクリエーターか音効さん。

どれも専門職があり、専門知識が必要。

WEBの場合予算の関係上、これら全てを賄えることはまずない。
となると、ディレクターとカメラマンが全部を担当するということになる。

映像ディレクターが、制作と管理を行えば品質はまず問題無いと思うが、
これがカメラマンに全部外注という流れだとどうだろうか。。
カメラマンは1人でディレクションを行い、撮影も行わなければならない。
特に1眼レフのカメラは、被写体のフォーカスを合わせるのがシビアで、
演出、カット割りなども全部やらなくてならず、その上インタビューも収録ということもあり得る。
勿論、経験豊富で優秀なディレクター兼カメラマンはいるので、そういう方にお願いすればよいのだが中々少ないのが現状。

高品質というか、満足のいく映像制作を行うのであれば、
制作は最低でもディレクター1名とカメラマン1名で行い、
ディレクターは映像制作経験の豊富なディレクターがやるべきだと思う。
予算が確保できず、どうしても1人で全てを制作するのであれば、
その旨を最初から企業側に伝えるべきだと思う。

今後さらにWEBにおける映像制作は増えていくと思うので、
WEBも映像も制作している立場で感じる意見でした。

『GAMBA ガンバと仲間たち』全国各地でコマ撮りワークショップ開催

『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』などの映画制作で知られる、
株式会社白組の最新作の映画『GAMBA ガンバと仲間たち』が10月10日(土)に公開されるのを記念して、
7/17日〜8月末まで全国各地でコマ撮りワークショップ開催していきます。
http://www.gamba-movie.com/news/

ワークショップで作ったアニメーションは、後日Youtubeで公開され、さらに優秀な作品は『GAMBA ガンバと仲間たち』本編と一緒に、映画館の大スクリーンで上映されます。
002

001

今回白組スタッフのコマ撮り講師として参加させていただいております。
まだ始まったばかりですのでお近くの会場と日時をご確認の上、お子さんと一緒に是非参加していただけると嬉しいです!

白組さんとのワークショップのお仕事は、僕も毎年超絶楽しみにしているのですが、子供たちとのふれあいやコマ撮りの楽しさを伝えることの喜び、そして実際に白組でコマ撮りアニメーションのお仕事をしている方や、職人の方々の濃厚な制作話、スタッフの方のお話など、クリエイティブが凝縮しているこの環境がなんとも言えない貴重な時間になっています。

映像表現の様々な手法を取り入れ、洗練された白組スタッフの方々の作られた作品を、何らかの形でご覧いただけると同じ表現者としても嬉しく思います。

ちょっと話がずれちゃいましたが、ワークショップよろしくお願いします!

島村達雄

先日NHK-BSで大友克洋さんの「~アトムとAKIRA~大友克洋が語る手塚治虫」がやっていて、前にも見たことがあったが面白くてまた見入ってしまった。手塚先生の記録映像は色々みたが、その中でも第1回広島国際アニメーションフェスティバルの授賞式で、授賞式中に締め切りに追われ、楽屋で漫画を描いている衝撃的な映像が印象に残っているが、この時のグランプリがおんぼろフィルムで、第2位だったのが島村さんの「花鳥風月」だった。

島村達雄さんは映像業界、3DCG業界で有名な株式会社白組の社長さんでもあり、ご自身も作家としても活動しているもの凄い方で、一昨年2012年12/15日、芸大の馬車道でトークと上映があったのでみにいったが、これが大変貴重な映像が多くて自分としてはかなり衝撃的だった。

http://animation.geidai.ac.jp/open2012/

お話の中でもおっしゃっていたが、元々芸大のデザイン科でノーマン・マクラレンを始め、ソール・バスなど、当時の世界の映像作品やグラフィックデザインの影響をもろに受け、上映された島村さんのアニメーション作品がデザイン的で美しく、今尚色褪せない斬新な映像で、現代音楽の一柳 慧さんがBGMを担当している作品など緊張感のあるアニメーションが新鮮で、コメディ視点とは違ったデザイン視点におけるアニメーションがとても面白かった。

もちろんデザイン以外にも、白組という日本を代表する映像会社を作り、常に最新技術と共に映像と向き合ってきた島村さんは今でも作品を作られていて、未完のものが多いそうだが、実写、2D、VFX、3DCG、コマ撮りとあらゆる手法を取り入れ作られる作品は、もしかしたら失礼かもしれないが僕個人としての勝手な印象として、今は進化というよりもむしろ表現は、表現の先にある回り巡るようなものとして捉えているような、そんな印象をお話を聞いていてうけたのを覚えている。

告知が遅くなってしまって既に上映は終わってしまったが、、、「タップくん」はコマ撮りアニメーターのオカダシゲルさんがアニメートを担当した島村さんの作品の一つ。コマ撮りで繊細なタップを表現するオカダさんのアニメートは、自然にコマ撮りの味が出ていてなんともいえない表現。ご本人はもの凄くしんどかったそうですが…w

でもこのオカダさんのアニメートは、気持ちが伝わるアニメートなので、コマ撮りに興味がある人には是非みてもらいたい作品です。タップくんはとても温かいアニメ。こういうアニメを作れる会社が今もあるのは本当に素晴らしい事だと思う。個人ではなく会社として。僕ら世代が、その意志を継いでいかないといけないと強く思う。

島村さんの作品集、是非またみたい。