福岡の旅

この土日に奥さんと念願の博多へ食い倒れの旅に行ってきた。
自分は九州初上陸!福岡空港から博多市街地までのアクセスが超イイ!
001
002 博多祇園山笠祭り真っ最中!

003 裏はサザエさん

005 まず一風堂本店へ

004 元祖の一風堂の味を堪能。うまい〜

006 別のところにはコナンくん

007 吉田類の立ち寄った柳橋連合市場の中弥で明太子購入

008 一蘭ビル。食わなかったけど

009 顔のパーツが中央により気味だったアンパンマン山笠。かわいい

010 中州川端のアーケード商店街にはドラえもん。やさしいジャイアンは微妙だな。

011 花咲かじいさん、ばあさん、ばあさんの顔が強烈でいい!

012
013 歩き疲れたのでかき氷

014 櫛田神社内の山笠

015 コーヒーブレイク&作戦会議

中洲川端を歩きながら、酒一番の店の前に来たので18:30〜2名で1階の座敷を予約。
ここは吉田類先生立ち寄りの地元の大衆酒場。期待大!

022
016 安い!

017 出て来るの早い!焼き鳥に間にタマネギ。旨いよ〜(涙)タマネギあま〜い。

018 念願の一口餃子。これも旨いよ〜(涙) ぺろっと食べちゃった。

019 1階座敷は2組全部で4名が限度。いいかんじの座敷。

020 初めて食べたおきゅうと 

021 繊細なダシのもつ鍋は絶品

酒一番、名店だった。全てが旨くてダシがきいた食べ物は繊細。しかも大変安い。感動〜
これが本当の福岡の味なのかな。繊細なダシ。ダシのうまみがきいている味。
地元の方が行く店がやっぱりいい。最初は入りずらいし緊張するけど、本当の地元の味が知りたい。

そして夜まで腹を空かせる…

シメはもちろん


023 来ました長浜ラーメン

024 ナイスなイラスト

025 繊細な豚骨スープ。美しい豚骨スープと塩味。素晴らしい。

宿泊は小倉でにて。
山陽新幹線で移動。博多駅には九州新幹線も!

026 九州新幹線つばめ。水戸岡 鋭治氏デザイン。
ソニックを始め、九州の鉄道のデザインが奇抜で格好良くて、凄くインパクトがある。
内装もカッチョイイ。
子供から大人までひきつけるデザインの力。

027 今度これに乗って熊本や鹿児島の旅に出たい。乗りたい!

028 小倉

029 モノレール

030 小倉から本州へ

031 下関に上陸。雨が強くて観光できず… 又次回!

032 門司港上陸。

033 書体がいい!

034 旅の最後にうどん。うどん、うまーーーい!ダシが、、、ダシが旨い!!!繊細だ。

弾丸博多食い倒れ旅行。博多の味を少しは分かったかな。
今度は博多から九州新幹線で熊本、鹿児島の旅に出たい。

日暮里、西日暮里界隈

年度末に掛けて仕事が激しさを増す今日この頃、たまには息抜きも必要ってことでリフレッシュ。

自分のお散歩エリアは池袋、板橋、大塚、巣鴨、東大、谷根千、日暮里くらいと、かなり広範囲なんだが、もうこれだけあればヤバイくらいに満喫できる場所が沢山ある。

この頃は吉田類の影響で、放浪マップを見ながら安くてうまくて味のある居酒屋を、知人や奥さんとちょくちょく回るのが楽しみの1つ。なかでも日暮里、西日暮里にはこの3拍子揃った店が結構ある。これが谷根千までいくと値段が一段上がって、落ち着いた店が多くなる。どちらも面白く、昔ながらの下町と綺麗な下町が近くで味わえるのも魅力的。

先日奥さんといったのは西日暮里ホルモン。
ここのホルモン凄かった。
02
03 もつ煮込み

04 煙フィルターで奥の人がみえない

05 肉の部位はいつもどこだか分からなくなっちゃうけど、兎に角超うまい。ささやきの時の人達とたまにいく北品川のモンモンも凄いがそれと同レベル。ここはゴハンがしっかりとメニューにあるのがいい。あと座敷があるのがいい。

06 締めに冷麺。

ここ、また今月いくかも。

そして先日、デザイナー仲間でいったのが「居酒屋 鳥のぶ」。これは完全に類さんの放浪マップで知った店。
場所は日暮里と西日暮里の中間にある常磐線の線路の隣。電車の音がめっちゃガタガタ聞こえるが、それもなんかいい。1階と2階があって2階は座敷。うちらは2階の座敷だった。夏は特に味があるんだろうなぁ。鳥がメインなんだけど、メニューが豊富でなんでもある。どれもうまい。日本酒、焼酎などの酒の種類もかなり豊富なので、酒好きにはたまらない。ここも近場のお勧めの店になった。

話は変わるが、この店からちょっと行ったとこに常磐線の踏切があるんだが、日暮里駅から三河島駅に向かう常磐線のカーブが半端なくて、自分はあの踏切で待つときは、通過する電車マジで怖いので少し後ろで待つようにしている。運転手さん安全運転でよろしくお願いしまーす。

まだまだこの界隈にはいい店がある。

そして、今度行ってみたいのは日暮里から少し奥、南千住の丸千葉。
落ち着いたら行ってみよ。

中目の続きそして目黒

いきなり違う事を書くがWordPress 3.8.1になって、編集画面のインターフェイスが益々スタイリッシュになってきた。スゲーな。

前の投稿で書いた古本屋のdessinなど、中目といえばオシャレゾーンでそれもまぁいいけど、個人的にはその土地の持つ歴史や味のある雰囲気が魅力で、そんな下町っぽさの残るディープな店もちらほらある。

ここ「おおだる」は仕事仲間が教えてくれた大衆酒場。ジンギスカン定食が安くて滅茶苦茶旨い!この写真見ただけでまた行きたくなってきたw ジンギスカンはヘルシーだし女子にもお勧め。
01
02
目黒といえば結婚する前まで武蔵小山に住んでいたのでなじみ深い土地だが、山手通りの交差点を越えて家具屋の多い目黒通りを直進すると、BOHEMIANSという服屋がある。
03
自分はまだ買ったことないがうちの奥さんが昔セレクトショップの店でシャツを買ってて、そっから注目し出したメーカー。実際定価で買うとなるとお高いので買わないが、セールを狙っていつか斬新なデザインの服を買いたい。
オンラインショップもあるけど、直営店は写真にある店のみ。実際着てみるとかなり印象が変わりそうなので、特にこういうエッジのきいた服を買うなら、試着した方がよさそう。

服はやはりセールに限る\(^O^)/

シナボン

お酒も飲むし甘いものも好き。
食べ物飲み物、美味しいものなら何でも好きな自分だが、これは最強に甘いんじゃないかっていうスイーツがシナボン。
ただバカ甘いだけじゃなくて、美味しいヘビースイーツ。
今wikiで調べたらシナボンの1号店はシアトルだったらしい。どうりで…(苦笑)
シアトル空港に経由で降りた際、超絶巨漢の人がいっぱいだったもん。これ系好んで食ってたら太るわ。
でも空港のフィッシュアンドチップスはマジでうまかった。

日本では一回撤退してまた六本木に1店舗のみ復活。
先日ANDさんが打ち合わせの帰りに買ってくるのに便乗させてもらい、10年ぶり?くらいにシナボンを食った。

1 うわ、やばい。やばすぎる。体壊す。

2 甘すぎる。けどうまい。 

3 さらに甘くする白のソース。これも甘すぎる。けどうまい…

とにかく甘くて、食べていくうちに甘さに脳が麻痺してくるのか…
美味しいことは間違いないけど、とにかく甘いスイーツ。
まだ食べたことがない方は人生経験で食べてみてください!

ラーメン二郎 目黒店

ラーメン二郎といえば、TVや雑誌書籍で二郎に関する特集など結構あるので、しっている人も多いと思うが、今年初の二郎に行ってきた。

目黒の二郎、通称メグジは、昔、会社が大鳥神社近く、目黒通り、目黒川、近くにあったこともあり、しょっちゅう行ってた。

大体、昼行くには12:00オープンで、11:40くらいには列ができだし、午前の仕事を早く終わらせ、5分前くらいに会社を出て二郎ダッシュ。この二郎ダッシュがないと、ものの数分数秒で一気に他の客が並びだすので油断ができない。周りがみんな二郎に向かっているような気になってマジで焦る。ここで遠慮して余裕ぶった感じで歩いてギリギリに行くと、1巡目に入れず、さらに待つことになりかなりのタイムロス。余裕ぶって歩くと、二郎到着寸前に、微妙に小走りするやつがいる。マラソンでいつスパート仕掛けるかそれに似た心理戦で、どのタイミングで走り出すか、どのタイミングで走り出すか、この決断が中々難しい。店の10Mくらい手前で、このバトルがいつも繰り広げられる。なので、元々二郎ダッシュで走ってくれば、「あっ、こいつ走りやがった!」と思わず、心理戦に加わらず堂々と列に並べるので、このダッシュは結構いい。二郎ダッシュに二郎アップ。

1人の時は店が開くまでアイホン見てるか読書。オープンして食券購入。メグジは兎に角安い。ラーメン小で500円、小豚が600円。普通は小で十分おなかいっぱい。女性は食券かって渡す時に、少なめでというと、店主が少なくしてくれる。メグジは独特の緊張感。あの感じがいいです。麺を茹でるとき、棒1っぽんで茹でます。知り合いのOさんが「タクトを振るうよう」とか「妖精が魔法かけてるよう」といってるが、ホントそんな感じ。1っぽんなのが格好いい。今日は2本で箸でした。残念。。。

どのラーメンを食べるときでもそう思うんだけど、ラーメンはできあがる過程が見えるが凄くいいですよね。うまさ倍増する感じというか、そっから楽しめる。
大抵、最近のこじゃれたラーメン屋は非常に作りが丁寧で、美しいくて、もちろん有名店なんかは旨いし、凄く良いんですが、このメグジは大雑把で豪快。それがスゲーいい〜〜〜。あの適当さがいいんです。神保町二郎とかは凄く綺麗なんですよ。丁寧で。でもオレはメグジが好きです。因みに本店は三田。スープ、麺が入り、ラーメンができる手前で、店主が「ごにょごにょごにょ」と言う。聞き取れないこと多し。このタイミングでトッピングを宣言する。この宣言はできた順に聞いていくんだけど、宣言の仕方で、他人の性格や状況を少し垣間見ることができる。ハキハキ宣言する人、ブスッと宣言する人、丁寧ないい方をする人、目が泳いでいる人、などなど。店内にいる人、他人の宣言を意外と聞いていて、人の宣言が気になる。「野菜ニンニク」「野菜ダブルニンニク」「野菜ニンニクマシ」「全部のせ」「ニンニクなし」など。宣言時には人をチラ見してしまう。
自分は定番「野菜、ニンニク」という。するとボッ、ボッっという感じでのっけてくれて、店主が優しく「どうぞ〜」という。この感動をいつも写真にとってから食べだす。
IMG_2908
メグジは全部うまいっ。ニンニクの荒いのも良いんです。
食い終わるとかなりの満足感。二郎食べた日はもうメシいらないわ〜と思えるくらい。
1日1食二郎だけの二郎ダイエット。オレはやったことないですが痩せないらしいです。
二郎になれてくると、二郎をいかに旨く味わうか、体調管理のことまで気にするようになる。
女子で二郎行く人はいいです!そういう女性はいいです。
どんどん女性も二郎に行ってもらいたいです。行きにくいなら男子に連れてってもらうといいです。
人生変わります。どうせ行くなら最初にメグジに。メグジは是非いってください。

今度はカトリさんとドングリのみんなと初の千住の二郎かな。楽しみ〜

IMG_2907 本当の二郎はこれだってことですね。