HPリニューアルに向けて

2014年の大きな仕事の1つは、HOUSE BLENDホームページのリニューアルを行うこと。
年末から今後の展開に向けて動き始め、年始からも早速、昔から長くお付き合いさせていただいている会社さんの協力を得て、実装、そして今後の展開に向けて色々と相談にのっていただいているところ。

今回のリニューアルは今までとは違う新たな挑戦だ。かなり長い時間自分と向き合った。
自分はモノ作りの人間だ。それをもっと発展させるためにやれることは何でもやる。もちろんベースに沿った形で。

全然話が変わるが(自分の中では繋がってるんだけど…)朽ち果てるもの、残らないものに本当の魅力を感じる。これは大好きな写真家、星野道夫さんのアラスカにある朽ち果てるトーテムポールの話、星野さんについては過去にちょろっと書いてたか。アラスカへのあこがれ

クリンギット族とハイダ族のインディアンがなぜ、後世まで残る石の文化でなく、歳月の中で消えていく木の文化を選んだのか。
01
バンクーバーオリンピックの大会公式エンブレムにもなったイヌクシュク。イヌクシュクも石ではあるけど、接着せずに積み上げただけのもの。いつ崩れてなくなっても自然に帰るだけ。

角野栄子さんの原作『魔女の宅急便』の魔法の力、薬草のことにも通じる。
02
目に見えなく働く力、本来人間の持っている大切な力。それは日々季節を感じ、自然の中で感じとるごく自然なこと。
日本語って凄いなぁと思うんだけど、自然、まさに自然の中に真実はある。

結局何が言いたいのかというと、前のアラスカへのあこがれのブログの内容と同じ。自分は矛盾の中で生きている。でもそれと向き合って戦っていきたいと思うこと。本質は昔から全くぶれない。もう一生ぶれることはない。

今日はコーディングをベースを組み始めた。2、3日前からhtmlの現状を調べ始め、descriptionにkeyword、facebookのメタタグ入れ込みその他諸々、アナリティクスも見ながら今後の傾向と展開も視野に入れつつ埋め込んでいく。溢れる情報の渦の中で見つけてもらうために。まったくこの逆行した行為はなんじゃこりゃ!?

こんなことも自分でやっててなんか笑える。

それにしてもieは相変わらずクソだ。みんなクソクソ言いまくってるw

公開は春を予定。